閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル超伝導転移端マイクロカロリメータによる燃料デブリの核種分析に係る研究; 高分解能測定実験及びシミュレーション計算(共同研究)
翻訳タイトルResearch for spectroscopy of fuel debris using superconducting phase transition edge sensor microcalorimeter; Measurement experiment and simulated calculation (Joint research)
情報提供機関JAEA
著者高崎 浩司
著者安宗 貴志
著者大西 貴士
著者中村 圭佑
著者石見 明洋
著者伊藤 主税
著者逢坂 正彦
著者大野 雅史
著者畠山 修一
著者高橋 浩之
著者前畑 京介
著者前田 亮
著者Damayanthi, R. M. T.
著者杉田 武志
掲載日2014-01
言語jpn
ページ数1p.-33p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所の事故において、炉内燃料は部分的又は全体的に溶融していると見られており、燃料集合体を1単位とする通常の計量管理手法の適用は困難と考えられている。このため、廃炉措置において炉内燃料の取出から貯蔵を行うまでの透明性を確保し、かつ合理的に計量管理を実施できる手法を構築する必要がある。本研究開発では、計量管理のための燃料定量の技術の1つとして、従来のゲルマニウム半導体検出器に比べ優れたエネルギー分解能を有する超伝導転移端(TES)マイクロカロリーメーターを適用した燃料デブリ中の核燃料物質及び核分裂生成等の分析手法の適用を検討する。高分解能分析での特性を活用し、燃料デブリ中の核燃料物質及び核分裂生成物のスペクトルに係る詳細な情報が期待できる。本報告書では、TES検出器の原理、日本原子力研究開発機構での測定試験の状況、シミュレーション計算コードEGS5による実験データの解析及び燃料デブリの収納キャニスタの高分解能測定のシミュレーション計算について報告する。
内容記述In the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, it is assumed that the core fuels melted partially or wholly, and the normal technique of accounting for a fuel assembly is not applicable. Therefore, it is necessary to develop the transparent and rational technique of accounting in the process of collection and storage of fuel debris. In this research, an application of the superconducting phase Transition Edge Sensor microcalorimeter (TES microcalorimeter) is studied for the accounting of nuclear materials in the fuel debris. It is expected that the detailed information of nuclear materials and fission products in fuel debris is obtained by using a high-resolution characteristic of TES microcalorimeter. In this report, the principle of TES microcalorimeter, the measurement experiment using TES in JAEA, and the simulated calculation using the EGS5 code system are summarized.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211484