閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル化学形に着目した破損燃料からの核分裂生成物及びアクチニドの放出挙動評価のための研究; 研究の位置づけ及び計画
翻訳タイトルResearch program for the evaluation of fission product and actinide release behavior, focusing on their chemical forms; Position and plan of the research program
情報提供機関JAEA
著者三輪 周平
著者天谷 政樹
著者田中 康介
著者逢坂 正彦
著者永瀬 文久
掲載日2013-12
言語jpn
ページ数1p.-42p.
種別report
内容記述原子力安全研究及び東京電力福島第一原子力発電所1sim4号機の廃炉措置に向けた研究開発におけるニーズを踏まえ、シビアアクシデント進展解析コードによる破損燃料からの核分裂生成物及びアクチニドの放出挙動評価の高精度化を目的とした研究を実施するための計画を既往研究の広範な調査結果のレビューをもとに策定した。高精度化の対象とするモデルは、THALES-2コード等に組み込まれているFP放出挙動評価のためのCORSOR-Mモデルとし、既往研究レビューにより、主にCsの放出挙動について、「化学形」及び燃料と被覆管,制御棒材,海水成分等との「高温化学反応」に係る物質相互作用に着目し、新たに取得する燃料からの放出速度及び放出後の化学的安定性にかかわる実験データを含めて、雰囲気,化学形,高温化学反応の影響を評価できるように改良する。
内容記述We have launched a new research program for the evaluation of fission product and actinide release behaviors in the severe accident, focusing on the chemical forms by improving the severe accident analysis code in response to the strong needs for reinforcement of nuclear safety as well as for implementation of the 1F decommissioning R&D project. In the research program, the CORSOR-M model incorporated in THALES-2 code will be improved through implementing the effects of chemical form and high-temperature chemical interaction between fuel and materials based on the investigation of the release kinetics and chemical stabilities of fission products and actinides.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211487