閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に関する放射線管理の基準の根拠及び課題について
翻訳タイトルSurvey of radiation protection creiteria following the accident at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant
情報提供機関JAEA
著者山田 克典
著者藤井 克年
著者神田 浩志
著者東 大輔
著者小林 稔明
著者中川 雅博
著者深見 智代
著者吉田 圭佑
著者上野 有美
著者中嶌 純也
著者清水 勇
著者吉澤 道夫
掲載日2013-12
言語jpn
ページ数1p.-51p.
種別report
内容記述平成23年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故以降、放射線防護・放射線管理にかかわるさまざまな基準が策定された。インターネット等を通じて、これらの基準を調査した結果、下記13項目があげられた。(1)ヨウ素剤の服用基準値、(2)避難住民等に対するスクリーニングレベル、(3)避難区域、屋内退避等、(4)食品規制値(暫定規制値、基準値)、(5)放射線業務従事者の緊急時被ばく限度、(6)水浴場開設の判断基準、(7)学校・校庭の利用の判断基準、(8)作付基準、(9)飼料の暫定許容値、(10)堆肥の暫定許容値、(11)船舶、コンテナ等の除染基準、(12)廃棄物の取扱、処分等、(13)除染作業にかかわる基準。これらの基準の根拠を調査・整理し、今後の放射線防護、放射線管理の課題を検討した。
内容記述After the accident at Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, various numerical criteria relevant to radiation protection were defined. We surveyed these criteria through internet. As a result of survey, the following 13 items were identified: (1) criteria for taking stable iodine tablets, (2) criteria for the screening of surface contamination, (3) evacuation area, sheltering area, etc., (4) activity concentrations in food, drinking water, etc., (5) dose limit for radiation workers engaged in emergency work, (6) guideline levels of radioactive substances in bathing areas, (7) criteria for use of school buildings and schoolyards, (8) restriction on planting rice, (9) acceptable activity concentrations in feedstuff, (10) acceptable activity concentrations in compost, (11) criteria for export containers and ships, (12) criteria for contaminated waste, (13) standards for radiation workers engaged in decontamination work. In this report, the basis of and issues on these criteria are summarized.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211488