閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 15
タイトルオンサイト非破壊検査技術の開発; HTTRの内部構造可視化予備試験
翻訳タイトルDevelopment of non-destructive inspection method for on-site observation; Preliminary examination for internal visualization of HTTR
情報提供機関JAEA
著者竹上 弘彰
著者寺田 敦彦
著者野口 弘喜
著者上地 優
著者小野 正人
著者高松 邦吉
著者伊藤 主税
著者日野 竜太郎
著者鈴木 敬一
著者大沼 寛
著者奥村 忠彦
掲載日2013-12
言語jpn
ページ数1p.-25p.
種別report
内容記述本研究では、原子炉建屋外から非破壊で燃料デブリの位置情報を取得可能な技術の候補として、宇宙線ミューオンを用いた非破壊検査技術に着目した。この技術は地盤探査を目的として開発された技術であることから、原子炉内部調査への適用性を検証するため、既存のミューオン受光システムを用いて、大洗研究開発センターに設置されている高温工学試験研究炉(HTTR)の内部構造可視化予備試験を実施した。可視化予備試験の結果、同時計数法を用いたミューオン非破壊検査技術により、HTTR内部の炉心、コンクリートのような高密度の構造物が判別可能であることを示した。また、オンサイト測定における課題を検討した結果、既存装置の改良により対応可能であることを示した。
内容記述We focused on a non-destructive inspection method using cosmic-ray muons as a candidate method for observation of internal the reactor from the outside of a reactor building. In this study, the applicability of this method for the reactor investigation was confirmed by a preliminary examination with High Temperature Engineering Test Reactor (HTTR). From the results of this examination, it appears that high density structures, such as the core and concrete walls, were able to observe by using muon telescope with coincidence method from the outside of the pressure vessel. Furthermore, we proposed some improvements of this muon inspection system for on-site investigation at the Fukushima Daiichi NPS.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211490