閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 9
タイトルヒータ付熱電対型水位計の開発
翻訳タイトルDevelopment of heater-and-thermocouple-type water level sensor
情報提供機関JAEA
著者柴田 晃
著者三浦 邦明
著者武内 伴照
著者大塚 紀彰
著者中村 仁一
著者土谷 邦彦
掲載日2013-10
言語jpn
ページ数1p.-21p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所の事故においては、全電源喪失により、原子炉圧力容器内水位及び使用済燃料プールの水位が測定できなくなり、事故対策及び事故後の状況の把握に大きな困難をもたらした。このため、全電源喪失時にも、小電力で作動可能な信頼性の高い水位計の開発を行った。既存の水位計を調査し、小電力作動する信頼性の高い水位計の設計と試作を行った。また、試作した水位計を用いて、性能評価試験を行い、常温から95circCの水温範囲においてpm20mmの精度で水位を測定できることを確認した。この結果、新型水位計を使用済燃料プールや過酷事象時の原子炉圧力容器の水位計として使用する見通しを得た。
内容記述In the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant Accident, the measurements of water level in pressure vessel and spent fuel pool were impossible due to station blackout, and it resulted in difficulty for countermeasures against the accidents and for understanding of the situations of reactor core after accidents. Therefore, we started to develop a new water level sensor for l with high reliability, which works with small electric power. This report describes reviews of conventional water level sensor and design and production of new water level sensor. After production of the sensor, performance tests were performed between room temperature and about 95 circC, and the it was confirmed that the sensor is able to measure water level with the accuracy of pm 20 mm. As the results, a perspective to use the new water level sensor as water level indicator for spent fuel pools and reactor vessels after severe accident.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211495