閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル平成24年度研究開発・評価報告書; 評価課題「福島環境回復に関する技術等の研究開発」(中間評価)
翻訳タイトルAssessment report on research and development activities; Activity "Research and development of the technologies for Fukushima environment recovery" (Interim report)
情報提供機関JAEA
著者福島技術本部
掲載日2013-10
言語jpn
ページ数1p.-153p.
種別report
内容記述日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成20年10月31日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成21年2月17日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定、平成21年8月19日改正)等に基づき、平成25年3月5日に「福島環境回復に関する技術等の研究開発」に関する中間評価を福島環境研究開発・評価委員会に諮問した。これを受けて、福島環境研究開発・評価委員会は、委員会において定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された「福島環境回復に関する技術等の研究開発」の実施に関する説明資料の検討及び各担当者によるによる口頭発表と質疑応答を実施した。本報告書は、福島環境研究開発・評価委員会より提出された中間評価の内容をまとめるとともに、「評価結果(答申書)」を添付したものである。
内容記述Japan Atomic Energy Agency (JAEA) consulted an assessment committee, "Evaluation Committee of Research and Development Activities for Fukushima Environment" (Committee) for interim assessment of "Research and Development of the technologies for Fukushima Environment Recovery" in accordance with the guidelines for the evaluation of R&D activities by Cabinet Office and Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology and "Regulation on Conduct for Evaluation of R&D Activities" by JAEA. In response to the JAEA's request, the Committee assessed the R&D programs and activities during the period of about two years from March 2011. The Committee evaluated the management and the research programs of JAEA based on the explanatory documents prepared by JAEA and the oral presentations with questions-and-answers by the Director and the research group leaders. This report summarizes the result of the assessment by the Committee with the Committee report.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211497