閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故に係るJAEA大洗における環境放射線モニタリング; 空間gamma線線量率,大気中放射性物質,気象観測の結果
翻訳タイトルEnvironmental radiation monitoring resulting from the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, conducted by Oarai Research and Development Center, JAEA; Results of ambient gamma-ray dose rate, atmospheric radioactivity and meteorological observation
情報提供機関JAEA
著者山田 純也
著者瀬谷 夏美
著者羽場 梨沙
著者武藤 保信
著者沼里 秀幸
著者佐藤 尚光
著者根本 浩司
著者高崎 浩一
著者清水 武彦
著者高崎 浩司
掲載日2013-06
言語jpn
ページ数1p.-100p.
種別report
内容記述平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震を発端とした福島第一原子力発電所事故にかかわる原子力機構大洗研究開発センターにおける環境放射線モニタリングのうち、事故直後から平成23年5月31日までに実施した空間gamma線線量率、大気中放射性物質及び気象観測の結果について取りまとめた。また、主要な大気中放射性物質の吸入摂取による内部被ばく線量について試算した。原子力機構大洗研究開発センターは福島第一原子力発電所の南西130kmの地点に位置している。平成23年3月15日から21日に、放射性プルームによる空間gamma線線量率の上昇を確認し、大気中からはTe-129m, Te-132, I-131, I-133, Cs-134, Cs-136及びCs-137などの核種が検出された。
内容記述This report presents the results of emergency radiation monitoring, including ambient gamma-ray dose rate, atmospheric radioactivity, meteorological observation and estimation of internal exposure resulting from the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant triggered by the earthquake off the pacific coast of Tohoku on 11th March 2011, conducted by Oarai Research and Development Center (ORDC), Japan Atomic Energy Agency (JAEA) from March to May, 2011. ORDC is located in the central part of Ibaraki prefecture and approximately 130 km southwest of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. From around 15th to 21st March, 2011, the ambient gamma-ray dose rate increased and many radioactive nuclides were detected in the atmosphere.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211505