閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル広域環境モニタリングのための航空機を用いた放射性物質拡散状況調査
翻訳タイトルInvestigation of radionuclide distribution using aircraft for surrounding environmental survey from Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant
情報提供機関JAEA
著者鳥居 建男
著者眞田 幸尚
著者杉田 武志
著者近藤 敦哉
著者志風 義明
著者高橋 昌樹
著者石田 睦司
著者西澤 幸康
著者卜部 嘉
掲載日2012-12
言語jpn
ページ数1p.-182p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所事故により大気中に放出され地表面に沈着した放射性セシウムの影響を調査するために、日本全域における広域航空機放射線モニタリング(以下、航空機モニタリング)を実施した。航空機モニタリングは、市街地から山林まで広範囲に渡って迅速にgamma線を測定することにより、空間線量率や放射性セシウムの沈着量分布を"面"的に把握できる利点があり、視覚的にもわかりやすい。我が国において航空機モニタリングの機器や手法については、整備されていたものの、今回のような広域なモニタリングに対応できるだけの準備はされておらず、全放射線量への換算の方法や、放射性物質濃度への換算方法及びマッピングの方法について、米国エネルギー省の方法をもとに整備することから行った。方法は、データ採取と並行して改良を加え、西日本測定時には、バックグラウンドとの識別まで可能とした。本モニタリングにより、日本全域の空間線量率や放射性セシウムの沈着量の分布状況について確認することができた。ここでは、測定手法と結果について述べる。
内容記述We carried out aerial radiation monitoring (ARM) of all Japan area in order to investigate the influence of the radio cesium which was emitted into the atmosphere by disaster of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant of Tokyo Electric Power Co., Inc.. AMS can measure a gamma ray quickly by flight from 300 m height above the ground. Moreover, ARM has an advantage which can grasp self-possessed quantity distribution of an air dose rate and radioactive cesium in "field", and is visually intelligible. Although there were apparatus and the technique of ARM in our country, sufficient preparations for wide area monitoring were not made. Therefore, it fixed based on the method of the U.S. Department of Energy (DOE) about the method of the conversion to all radiation dose, and the conversion method to radiocesium deposition and the method of mapping. It is possible to discriminate from a background (cosmic-ray, self-contamination and natural nuclides) at the time of western-part-of-Japan measurement by improving of the method in parallel to data acquisition. By this monitoring, it was able to check about the distribution situation of the air dose rate of the Japanese whole region, or the radioactive cesium deposition. Here, the measurement technique and a result are described.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211512