閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 9
タイトル原子炉事故情報アーカイブの構築に向けて
翻訳タイトルStudy for development of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station accident archive
情報提供機関情報知識学会
著者中嶋 英充
著者池田 貴儀
著者米澤 稔
著者板橋 慶造
著者桐山 恵理子
著者岩田 修一
掲載日2012-11
言語jpn
ページ数344p.-353p.
種別report
内容記述日本原子力研究開発機構(JAEA)図書館では、福島第一原子力発電所事故に関する参考文献情報を収録したウェブサイトを構築し、2011年4月よりインターネットを通じて発信している。発信する情報は毎月更新され、その数は約1万5千件に達している。JAEA図書館では、国及び東京電力のホームページ上に公表された放射線モニタリングデータ、原子炉プラント状況等の情報を収集・整理し、福島原発事故アーカイブとして運用することを検討している。本稿では、JAEA図書館が発信している福島事故参考文献情報の内容を紹介し、併せて福島原発事故アーカイブ構築に関する課題を提起する。
内容記述The Library of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has developed the special website on Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station accident from April 4, 2011. This website is provided both in Japanese and English. It disseminates over 15,000 bibliographic and full-text records, such as JAEA's research results, academic journal articles, conference papers, technical reports etc. In this paper, the authors introduce the special website on Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station accident and discuss some challenging issues to develop archive.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211513