閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所の燃料組成評価
翻訳タイトルEstimation of fuel compositions in Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant
情報提供機関JAEA
著者西原 健司
著者岩元 大樹
著者須山 賢也
掲載日2012-09
言語jpn
ページ数1p.-190p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所1sim4号機の2011年3月11日時点、及び、その後の放射性核種量をORIGEN2コードにより評価した。評価対象は、原子炉内及び貯蔵プールに存在する、被照射燃料中のウラン燃料及びジルカロイ被覆管であり、評価量は重量,放射能,発熱量,光子放出量及び中性子放出量である。
内容記述This document describes the analytical results of the amount of the radioactive nuclides in the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant on March 31, 2011 and the following period with the use of the ORIGEN2 code. The results are given for the irradiated uranium pellet and the cladding tube of zirconium alloy in the core and the spent fuel storage pools of the respective reactors. The evaluated values are weight, radioactivity, heat generation, photon generation and neutron generation rate.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211516