閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル芝地造成による土壌の浄化による土壌環境回復試験
翻訳タイトルRehabilitation experiment by phytoremediation using lawn grass
情報提供機関JAEA
著者福島技術本部 福島環境安全センター
著者人形峠環境技術センター
著者安全研究センター サイクル施設等安全研究ユニット
著者地層処分研究開発部門 地層処分基盤研究開発ユニット
著者バックエンド推進部門
掲載日2012-08
言語jpn
ページ数1p.-125p.
種別report
内容記述2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故に起因した放射能汚染対策が、現在福島県をはじめとして各地で進められている。汚染物質対策の一つである植物を用いた除去技術(ファイトレメディエーション)について、芝草を用いたフィールド試験を行った。芝草は、他の植物に比べて根域深度が浅くかつ生育密度が高く、マットを形成するという特徴を有する。試験としては、芝草への吸収による放射性セシウムの除染と芝草の剥離による除染の効果を把握することを目的とした。結果としては、芝草への吸収は小さく、その除染係数は最大でも1%未満であった。一方、芝草の剥離による除染は、育成が順調に進んだものは100%に近い効果が得られた。国における除染方針及び各自治体で策定された除染計画に従い、今後さまざまな方法により除染が進められる。芝草を用いたファイトレメディエーションは、限定的な適用が可能と考えられる。
内容記述Measures against environmental contamination by radioactive materials originated from the Fukushima nuclear accident (May, 2011), are being conducted in Fukushima and surrounding prefectures. Regarding to the measures, a phytoremediation experiment with several types of lawn grasses in a field scale have been carried out. Lawn grasses are generally characterized by shallow rizosphere, high density and root mat formation. Decontamination effectiveness of radioactive cesium by plant uptake and by sod removing was investigated. As a result, the range of decontamination factors by plant uptake was below than 1% because of low transfer rate form soil to plant. On the other hand, maximum decontamination factor by sod removing reached about 100%. Decontamination activities with various methods will be implemented according to the national decontamination policy and related plans in each municipality. The phytoremediation method with lawn grass would be applicable in limited circumstances.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211519