閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 15
タイトル植物による農地土壌等における放射性物質除去技術の開発(共同研究)
翻訳タイトルTechnical development to remove radionuclides from agricultural soils by plants (Joint research)
情報提供機関JAEA
著者山田 智
著者迫田 晃弘
著者石森 有
掲載日2012-07
言語jpn
ページ数1p.-32p.
種別report
内容記述鳥取大学農学部と日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターは、農地土壌等における環境修復技術開発として、植物を利用した浄化手法(ファイトレメディエーション)について検討している。平成23年度は、フィールドでの実証試験に供しうる有望な植物種を2、3種程度選定するため、水耕栽培によるスクリーニング試験を実施した。供試植物種は好塩性植物を中心に選定した。栽培や収穫に手間のかからないこと、回復後に農作の妨害をしないことなどに留意した。苗を一定期間栽培した後、安定同位体の133Cs又は88Srで試験した。原則、試験開始後2週間目に採取し、器官ごとにK, Ca, Mg, Sr, Csを測定した。総合的に判断して、今回の試験範囲で最も適した植物種はツルナとアイスプラントであると結論した。Cs, Srともにおもに茎葉に集積するほか、表層近くに根を張り匍匐して株が大きくなることから、表層土壌の汚染物質除去に適している。効果的な適用には、吸収と分配の生育時期による変化、植物の成長特性、根の分布などについてフィールドでの調査が必要である。これらを踏まえて、適用可能性にかかわる試験計画を立案した。
内容記述Tottori University and Japan Atomic Energy Agency started a joint study to develop an environmental remediation technique for agricultural soil. Nine plants were water-cultured and examined for screening. A few were selected as candidates for demonstrations in fields. Preselected plants were mainly halophytes. Easily cultivated and harvested plants without harmful effect on new agriculture were also considered. Seedings prepared were first grown for a certain term. Additive-free, 133Cs and 88Sr groups, which are both stable isotopes, were then made. Stems, leaves and roots were harvested, in principle, two weeks after the addition, to measure K, Ca, Mg, Sr and Cs concentrations in them. It was concluded that New Zealand spinach and ice plant were most adequate for removing contaminants from surface soil. The two accumulate Cs and Sr mostly in the shoots, are prostrate, and spread the roots shallowly. For valid application, growth-phase dependences of absorption and distribution, growth property and root distribution should be elucidated. Finally, the application study plan was developed based on screening test results.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211521