閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル汚染土壌の除染領域と線量低減効果の検討
翻訳タイトルStudy on soil decontamination and dose rate reduction effect
情報提供機関JAEA
著者岩元 洋介
著者佐藤 大樹
著者遠藤 章
著者坂本 幸夫
著者呉田 昌俊
著者久語 輝彦
掲載日2011-09
言語jpn
ページ数1p.-18p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された放射性物質による環境汚染の回復対策の一環として、汚染土壌の除染領域と線量低減効果の検討を行うために、長時間人が滞在する住居,学校等に相当する幾つかの代表的な広さの土地を対象に、粒子・重イオン輸送計算コードPHITSを用いて汚染土壌の除染領域と線量率低減比との関係を詳細に計算した。また、この計算結果から任意の除染率、除染半径に対する中心位置での線量率低減比を評価する簡易式を提案した。Cs-137により汚染された土壌の除染係数DF=10(除染率90%)の場合、宅地中心での線量率は、宅地領域を含み中心から半径100mまでの領域を除染すれば約5分の1に低下することがわかった。また、敷地境界の半径が200m以内の敷地を対象とすれば、敷地境界内のほぼ全域にわたって一様な線量率低減比を得るには、敷地領域からさらに外側約30%大きな範囲まで除染する必要があることがわかった。
内容記述The present report discusses the effect of dose rate reduction by soil decontamination in order to make a remediation strategy for contaminated environment by radionuclides discharged by the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The relation between area of soil decontamination and dose rate reduction for lands considered to be typical residences, public facilities and schools has been analyzed using the particle and heavy ion transport code PHITS, and an analytical model to assess the dose reduction rate with a simple equation was also suggested from the calculation results of PHITS. In the case of DF (Decontamination Factor) = 10 and decontamination radius = 100 m for the soil uniformly contaminated by Cs-137, the dose rate at the center of decontamination area is decreased by a factor of about five compared with the dose rate before decontamination.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211528