閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 9
タイトルゼオライトによる放射性汚染水処理での放射線効果の検討
翻訳タイトルStudies on radiation effects in decomtamination of radioactive water by using zeolites as absorbents for radioactive nuclides
情報提供機関日本放射線化学会
著者永石 隆二
掲載日2011-09
言語jpn
ページ数15p.-21p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所の放射性汚染水処理において、処理前の汚染水,バッチ法やカラム法による吸着処理,処理後の廃棄ゼオライトを想定して、それぞれの放射線エネルギー吸収量を見積もり、これと60Cogamma線による照射実験で決定した水素発生収量から、各ケースでの水素発生率を評価した。ここで、処理前とバッチ処理時の水素発生率を汚染水1tあたりで約0.2mmol/h、カラム処理時と処理後の水素発生率を約39mmol/hと評価した。さらに、吸着塔内での水素発生率に及ぼす脱水などの影響や、酸素の発生について議論するとともに、汚染水処理における放射線効果として吸着核種の保持や金属材料の腐食についても議論した。
内容記述Radioactive water has been emitted following incidents at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station, and needed to be quickly decontaminated by the adsorption and/or the coagulation sedimentation of radioactive nuclides, where hydrogen molecules are produced by water radiolysis. The decontamination process with zeolites as absorbents of radioactive cesium was assumed, the observed yields of hydrogen production were determined in mixtures of seawater and zeolite, and then the production rates were estimated for the safety operation of process before the operation started.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:汚染水対策
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211529