閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルMulti-Physicsモデリングによる福島2・3号機ペデスタル燃料デブリ深さ方向の性状同定 4 - 2号機RPVバウンダリー破損モードの検討
翻訳タイトルEstimation of the in-depth debris status of Fukushima unit-2 and unit-3 with multi-physics modeling 4 - consideration on possible RPV-boundary failure modes of Unit 2
著者佐藤 一憲(日本原子力研究開発機構)
著者山路 哲史(早稲田大学)
著者古谷 正裕(早稲田大学)
著者大石 佑治(大阪大学)
著者リ シン(Waseda Univ.)
著者間所 寛(日本原子力研究開発機構)
著者深井 尋史(早稲田大学)
会議開催日2020-09-18
言語jpn
ページ数p.2G09
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   
内容セッション: 3. 核分裂工学
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2020年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/217620
WARP保存日2021-02-28