閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 12
タイトルマルチスケール大気拡散計算とベイズ推定に基づく放出源情報推定手法の開発
翻訳タイトルDevelopment of a source term estimation method based on Bayesian inference with multi-scale atmospheric dispersion simulations
著者寺田 宏明(日本原子力研究開発機構)
著者永井 晴康(日本原子力研究開発機構)
著者都築 克紀(日本原子力研究開発機構)
著者門脇 正尚(日本原子力研究開発機構)
著者古野 朗子(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2020-09-18
言語jpn
ページ数p.3A08
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-1-1 大気 (ガス)放出
分類6-1-4-2 環境条件の予想
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
上位階層分類(自動付与)6-1-1 環境への放射能放出   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容セッション: 7. 保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ関連URL
会議名日本原子力学会2020年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/217641
WARP保存日2021-02-28