閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル(資料13-3-3-1) 燃料デブリ取り出し時における炉内状況把握のための遠隔操作技術に関する研究人材育成、(資料13-3-3-2)燃料デブリ分析のための超微量分析技術の開発、(資料13-3-3-3)化学計測技術とインフォマティックスを融合したデブリ性状把握手法の開発とタイアップ型人材育成、(資料13-3-3-4)放射線・化学・生物的作用の複合効果による燃料デブリ劣化機構の解明
情報提供機関日本原子力研究開発機構
掲載日2020-01-15
言語jpn
ページ数28p.
種別conference material
ファイル形式PDF
分類5-1-1 ゾーン診断
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類1-2-3 対応組織
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   5-5 廃止措置   1-2 組織   
内容福島第一原子力発電所, 原子炉デコミッショニング
情報源保存されたウェブページへ
上位階層ページタイトル廃炉基盤研究プラットフォーム 第13回運営会議資料
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/217959
WARP保存日2020-04-20