閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 4
タイトル福島原子力発電所事故後の東日本における大気放射能濃度の変化
翻訳タイトルIntensity of atmospheric radioactivity over East Japan after Fukushima Nuclear Plant accident
著者北 和之(茨城大学)
著者笠原 理絵(茨城大学)
著者出水 宏幸(茨城大学)
著者渡邊 明(福島大学)
著者鶴田 治雄(東京大学)
著者植松 光夫(東京大学)
著者桧垣 正吾(東京大学)
著者吉田 尚弘(東京工業大学)
著者豊田 栄(東京工業大学)
著者篠原 厚(大阪大学)
著者五十嵐 康人(気象研究所)
著者三上 正男(気象研究所)
著者恩田 裕一 (筑波大学)
著者末木 啓介 (筑波大学)
著者滝川 雅之(海洋研究開発機構)
著者長林 久夫(日本大学)
著者横山 明彦(金沢大学)
著者連携緊急放射性物質サンプリングチーム大気班および分析班(日本地球惑星科学連合-地球化学会-放射化学会)
会議開催日2012-05-25
言語jpn
ページ数MAG34-05
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
分類6-1-4-2 環境条件の予想
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
上位階層分類(自動付与)6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容応用地球科学(AG)
情報源外部 ウェブページへ関連URL関連URL
会議名日本地球惑星科学連合2012年
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/224857
WARP保存日2021-03-31