閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 11
タイトル宮城県南部で2年間(2012-2013)に観測されたCs-137の高濃度現象とその発生源推定
翻訳タイトルEstimate of possible sources of high Cs-137 in atmospheric aerosols measured in south Miyagi during 2 years (2012-2013)
著者鶴田 治雄(東京大学)
著者司馬 薫(東京大学)
著者山田 裕子(東京大学)
著者草間 優子(東京大学)
著者荒井 俊昭(東京大学)
著者渡邊 明(福島大学)
著者長林 久夫(日本大学)
著者北 和之(茨城大学)
著者篠原 厚(大阪大学)
著者二宮 和彦(大阪大学)
著者張 子見(大阪大学)
著者横山 明彦(金沢大学)
著者梶野 瑞王(気象研究所)
著者中島 映至(東京大学)
会議開催日2014-05-02
言語jpn
ページ数MAG38-03
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-4-2 環境条件の予想
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容M-AG 応用地球科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本地球惑星科学連合2014年
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/228637
WARP保存日2021-03-31