閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 25
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 28
タイトル福島原発事故後10年間の空間線量率の測定と除染活動の推進、そして農業復興の状況
翻訳タイトルRadiation dose monitoring in Minamisoma-city for 10 years after the NPS accident, progress of decontamination activities and the status of agricultural reconstruction
著者奥村 丈夫((株)日本中性子光学)
著者田中 節夫((一社)南相馬除染研究所)
著者高橋 荘平((一社)南相馬除染研究所)
著者坂本 哲夫(工学院大学)
著者森田 真人(工学院大学)
著者川上 勇((株)阿藤工務店)
著者奥村 健郎(農事組合法人あいアグリ太田)
会議開催日2021-07-07
言語jpn
ページ数p.48
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2 オフサイトモニタリング
分類6-2-1-1 分離
分類6-2-2 再耕作
上位階層分類(自動付与)4-3 モニタリングと評価   6-2-1 除染   6-2 環境修復   
内容セッション:東京電力福島第一原子力発電所事故関連 モニタリングデータ
情報源外部 ウェブページへフルテキストPDF
会議名第58回アイソトープ・放射線研究発表会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/230574
WARP保存日2021-11-30