閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 16
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 25
タイトル東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所の燃料デブリ取り出しに向けた高線量率特化型ガンマ線スペクトロメトリシステムの開発
翻訳タイトルDevelopment of γ-ray spectrometry system specific to high dose-rate radiation fields for the retrieval of nuclear fuel debris in Tokyo Electrical Power Company Holdings' Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
著者冠城 雅晃(日本原子力研究開発機構)
著者島添 健次(東京大学)
著者加藤 昌弘(産業技術総合研究所)
著者黒澤 忠弘(産業技術総合研究所)
著者鎌田 圭(東北大学)
著者金 敬鎭(東北大学)
著者吉野 将生(東北大学)
著者庄子 育宏(東北大学)
著者吉川 彰(東北大学)
著者高橋 浩之(東京大学)
著者鳥居 建男(福島大学)
会議開催日2021-07-07
言語jpn
ページ数p.50
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-1-1 放射線サーベイ/モニタリング/エネルギースペクトル
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
上位階層分類(自動付与)5-1-1 ゾーン診断   5-5 廃止措置   
内容セッション:東京電力福島第一原子力発電所事故関連 線量測定と線量測定器
情報源外部 ウェブページへフルテキストPDF
会議名第58回アイソトープ・放射線研究発表会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/230575
WARP保存日2021-11-30