閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 3
タイトル燃料デブリ取出しに伴い発生する廃棄物のフッ化技術を用いた分別方法の研究開発 1 - 研究開発計画
翻訳タイトルFluorination method for classification of the waste generated by fuel debris removal 1 - development plan
著者渡邉 大輔(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者遠藤 慶太(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者笹平 朗(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者本間 俊司(埼玉大学)
著者高野 公秀(日本原子力研究開発機構)
著者須藤 彩子(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2021-03-17
言語jpn
ページ数p.1I07
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-5-3 廃止措置目標
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   
内容放射性廃棄物処理
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2021年春の年会
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:処理・処分・環境回復
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/237638
WARP保存日2021-11-30