閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 1
タイトル燃料デブリ資源化構想 1 - 燃料デブリを原料とするRIや有用資源活用の基本概念
翻訳タイトルFuel debris renewal concept 1 - basic concept on practical use of radioisotopes and valuable resources recovered from fuel debris
著者高木 直行(東京都市大学)
著者小幡 歩夢(東京都市大学)
著者川本 航大(東京都市大学)
著者佐々木 悠人(東京都市大学)
会議開催日2021-03-19
言語jpn
ページ数p.3I14
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-5-3 廃止措置目標
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   
内容放射性廃棄物処理
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2021年春の年会
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:処理・処分・環境回復
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/237714
WARP保存日2021-11-30