閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 29
タイトル避難指示区域解除における住民の個人被ばく線量評価の在り方について(受託研究)
翻訳タイトルIndividual exposure dose assessment of residents for lifting of evacuation orders (Contract research)
情報提供機関JAEA
著者佐藤 里奈
著者眞田 幸尚
著者吉村 和也
著者中山 真理子
掲載日2023-01
言語jpn
ページ数1p.-42p.
種別report
内容記述東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴い設定された避難指示区域は、空間線量率の減少や除染の進捗に従って区域の再編がなされており、帰還困難区域についても、2020年代をかけて帰還意向に応じた除染、及び避難指示解除を目指すことが決定された。本報告書は、今後の避難指示区域解除における住民の個人被ばく線量評価の在り方について検討するため、事故後に個人線量計による測定やシミュレーションを活用して実施されてきた個人被ばく線量評価の手法や特徴を調査し、体系的にまとめたものである。
内容記述The evacuation order zones established after the accident at the Tokyo Electric Power Company's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station have been reorganized according to the decrease in ambient dose equivalent rates and the decontamination progress. It has been decided to decontaminate the difficult-to-return zones and lift the evacuation order depending on the evacuee's intention of returning to the areas over the course of the 2020s. In order to consider the future of individual exposure dose assessment for residents for lifting of the evacuation orders, the methods and characteristics of the assessment that have been conducted after the accident using personal dosimeter measurements and simulations were systematically reviewed. This report summarized the results of the review.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2024)
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/251099