閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 27
タイトル福島市在住一歳と四歳の母です。地震がおきてすぐ続く余震・夫が仕事で留守がちの為近所の祖母の家へ子供達と避難しました。その間新築の自宅の24時間換気を回したままにしてしまいました。換気扇に気付き止めたのは16日の午後です。当時最大24マイクロシーベルトもあり窓を開けて掃除が出来ず放置したまま半年が過ぎました。最近外で0.9マイクロシーベルトと数値が下がり徐染作業に試みましたが素人掃除では限界を感じます
情報提供機関日本保健物理学会
掲載日2012-01-24
言語jpn
種別announcement
ファイル形式HTML
分類4-2-3-2 住民避難
分類4-3-2-1 放射線サーベイ機器
分類4-2-3-7 除染
上位階層分類(自動付与)4-2-3 防護活動   4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容乳幼児, 子ども, 拡散予測, 換気, 被ばく, 身体影響
情報源保存されたウェブページへ
上位階層ページタイトル専門家が答える暮らしの放射線Q&A (日本保健物理学会); 放射線の人体への影響
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/254760
WARP保存日2014-07-03