閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故後の住家の空間線量率低減を目的とした遮へい材の効果
翻訳タイトルEffect of shieldings on air dose rate reduction inside resident's house after the Fukushima nuclear accident
著者齋藤 順子
著者吉田 浩子 (東北大学)
著者細田 正洋 (弘前大学)
著者平澤 典保 (東北大学)
著者小林 育夫 (長瀬ランダウア (株))
会議開催日2013-03-26
言語jpn
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-2-1-3 格納(封じ込め)
分類5-6-5 対策
分類5-6-6 汚染地区長期住居
内容セッション:「保健物理・環境科学」
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2013年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/41536
WARP保存日2014-03-31