閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル社会・環境部会 保健物理・環境科学部会合同セッション「原発事故避難者の早期の帰還実現のために…」 - 福島県下における環境放射線の現状と個人線量の測定例
翻訳タイトルSocial and environmental division health physics and environmental sciences division joint session For feedback early realization of evacuees by the nuclear accident - example of measurement of individual dose and the current state of environmental radiation in Fukushima Prefecture
著者山西 弘城 (近畿大学)
会議開催日2014-03-26
言語jpn
ページ数p.758-759
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-4-3-5 防護活動調整
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類5-6-3 線量制限
内容セッション:「福島第一原子力発電所事故関連・一般公開セッション」
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2014年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/59063
WARP保存日2015-03-10