閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル原子力合意形成学に関する一考察 (8) - 低線量影響に対するリスクコミュニケーション:2014年度活動結果と現状報告
翻訳タイトルA study on nuclear consensus building 8 - FY2014 results and status on risk communication for low doses of ionizing radiation
著者山野 直樹(福井大学)
著者泉 佳伸(福井大学)
著者安田 仲宏(福井大学)
著者松本 義久(東京工業大学)
著者林崎 規託(東京工業大学)
著者篠田 佳彦((公財)若狭湾エネルギー研究センター)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.127
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-4-5 社会的影響
分類6-3-1-5 低線量被ばく影響
内容セッション:「総論(原子力政策と合意形成)」, 意思決定
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80521
WARP保存日2015-12-28