閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル高速中性子直接問いかけ法の燃料デブリへの適用性検討 (1) - 短期計画とパラメータ解析の中間報告
翻訳タイトルInvestigation on applicability of fast neutron direct interrogation method to fuel debris 1 - short term plan and interim report on parameter analysis
著者呉田 昌俊(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者前田 亮(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者大図 章(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者古高 和禎(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者飛田 浩(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者春山 滿夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者米田 政夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者服部 健太朗(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.158
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-1-2 燃料状態診断
内容セッション:「計量管理, 保障措置技術(保障措置・計量管理技術)」, 非破壊分析, 炉心溶融物, 核物質管理, 高速中性子, シミュレーション
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80525
WARP保存日2015-12-28