閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 45
タイトル福島事故後における市民と専門家の認識のギャップ
翻訳タイトル1 Assessment gap between citizens and experts after the Fukushima accident
著者土田 昭司(関西大学)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.638
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-4-5 社会的影響
分類4-2-2 コミュニケーション
上位階層分類(自動付与)6-4 社会的、経済的影響   4-2 緊急時対応   
内容セッション:「総合講演・報告(1)「市民および専門家の意識調査・分析」特別専門委員会報告(社会・環境部会共催)」「市民と専門家のギャップを越えるために 『フォーラム』の取り組み―」, 福島第一原子力発電所, 広報活動
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80546
WARP保存日2015-12-28