閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル過酷事故用計装システムの研究開発の現状と展望 (4) - 差動型熱電対式原子炉水位計の開発
翻訳タイトルCurrent status and vision of study for severe accident instrumentation systems 4 - development of differential thermo-couple type of reactor pressure vessel water-level measurement instrument
著者黒田 英彦((株)東芝)
著者白石 藤雄((株)東芝)
著者加藤 新((株)東芝)
著者磯田 浩一郎((株)東芝)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.348
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類3-2-5 事故管理用計装・制御
分類2-2-8 計装と制御
内容セッション:「原子炉計測,計装システム,原子力制御システム(計装システム)」, 原子力事故, 原子炉計装, 光ファイバー, 熱電対, 熱伝導率
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80574
WARP保存日2015-12-28