閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 58
タイトル詳細燃焼解析による残留U濃縮度を用いた燃料デブリの臨界安全評価
翻訳タイトルCriticality safety evaluation of fuel debris using residual U enrichment by detailed burn up analysis
著者関谷 有弘(東京都市大学)
著者高木 直行(東京都市大学)
著者外池 幸太郎(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.398
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類5-5-11 核燃料物質計量管理
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   5-5 廃止措置   
内容セッション:「炉物理,核データの利用,臨界安全(臨界安全1)」, 燃料デブリ, 沸騰水型原子炉, 燃料集合体, 燃焼, 臨界, 炉心溶融物, 福島第一原子力発電所
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80590
WARP保存日2015-12-28