閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリ切削用遠隔ボーリング技術の概念検討
翻訳タイトルStudy of development of remote boring technique for fuel debris cutting and retrieval
著者石原 哲(大成建設(株))
著者進藤 彰久(大成建設(株))
著者平 治(大成建設(株))
著者長谷川 裕(大成建設(株))
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.337
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-4 緊急事態用ロボット工学
内容セッション:「原子力施設の廃止措置技術(燃料デブリ取出し技術)」, 燃料デブリ, 切削, 遠隔操作
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80751
WARP保存日2015-12-28