閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (8) - 生活行動経路に沿った空間線量率測定に基づく被ばく線量の推定
翻訳タイトルStudy on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant 8 - estimation of exposed dose by measurement of air dose rate considering daily activity pattern
著者佐藤 哲朗(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者斎藤 公明(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者山本 英明(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者武宮 博(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者中野 雅和(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者萩原 成朝(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.531
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-4-2 環境条件の予想
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
内容セッション:「保健物理・環境科学(福島事故関連, 放射性物質の分布と環境動態2)」, 福島第一原子力発電所, 空間的線量分布
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80822
WARP保存日2015-12-28