閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルリスクコミュニケーションツールとしての内部被曝に基づく等価発がん性化学物質量の提案
翻訳タイトルUsing 'equivalent carcinogenic chemical amount of substance' based on internal exposure as a risk communication tool
著者米田 稔(京都大学)
著者島田 洋子(京都大学)
著者松井 康人(京都大学)
会議開催日2015-07-08
言語jpn
ページ数p.4
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-3 健康影響
分類6-4-9 広報
内容セッション:「復興支援・リスクコミュニケーション」
情報源文献複写申込へ
会議名第4回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80946
WARP保存日2015-12-28