閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル指向性を有するモニタリング装置を利用した除染前後の空間線量率方向影響評価
翻訳タイトルAssessing directed spatial dose rates before and after decontamination using directional monitoring device
著者鈴木 智(東京電力(株)・福島復興本社・福島本部除染推進室)
著者鏡渕 英紀(東京電力(株)・福島復興本社・福島本部除染推進室)
著者小藪 健(東京電力(株)・福島復興本社・福島本部除染推進室)
著者武藤 昭一(東京電力(株)・福島復興本社・福島本部除染推進室)
会議開催日2015-07-08
言語jpn
ページ数p.55
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-1 放射線サーベイ機器
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類4-4-2 オフサイト除染
内容セッション:「計測技術(2)」
情報源文献複写申込へ
会議名第4回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80996
WARP保存日2015-12-28