戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
口頭発表口頭発表

福島における放射性物質の分布状況調査 2 - 走行サーベイによる環境中の放射性物質計測:自然放射性元素分布について

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2017年秋の大会[2017 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 小林 進悟(放射線医学総合研究所); 石川 剛弘(放射線医学総合研究所); 今関 (放射線医学総合研究所); 岩岡 和輝(放射線医学総合研究所)(弘前大学); 内堀 幸夫(放射線医学総合研究所); 及川 将一(放射線医学総合研究所); 北村 尚(放射線医学総合研究所); 小平 聡(放射線医学総合研究所); 小林 圭輔(放射線医学総合研究所); 四野宮 貴幸(放射線医学総合研究所); 高島 良生(放射線医学総合研究所); 宮後 法博(放射線医学総合研究所)

掲載日/会議開催日: 2017-09-13

外部 ウェブページへ
2
口頭発表口頭発表

全反射蛍光X線分析によるウラン汚染水の迅速分析

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 松山 嗣史((研)放射線医学総合研究所); 吉井 裕((研)放射線医学総合研究所); 柳原 孝太((研)放射線医学総合研究所); 伊豆本 幸恵((研)放射線医学総合研究所); 今関 ((研)放射線医学総合研究所); 濱野 毅((研)放射線医学総合研究所); 栗原 治((研)放射線医学総合研究所); 酒井 一夫((研)放射線医学総合研究所); 酒井 康弘(東邦大学)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
3
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (3) - 走行サーベイシステム(ラジプローブ)による東日本の環境中の放射性物質計測

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2014年秋の大会 [2014 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 斎藤 公明 (日本原子力研究開発機構); 小林 進悟 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 四野宮 貴幸 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 内堀 幸夫 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 石川 剛弘 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 今関 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 及川 将一 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 北村 尚 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 小平 聡 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 高島 良生 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 宮後 法博 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター); 白川 芳幸 ((独)放射線医学総合研究所・放射線防護研究センター)

掲載日/会議開催日: 2014-09-08

文献複写申込へ
4
口頭発表口頭発表

創傷部アクチニド汚染迅速評価を目指した蛍光X線分析法による創傷部重金属汚染分析

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第46回研究発表会 [46th Annual Meeting of the Japan Health Physics Society])

情報提供機関/著者: 吉井 裕; 今関 ; 濱野 毅; 鈴木 敏和; 栗原 治; 田嶋 克史; 山西 弘城; 柳原 孝太 ((独)放射線医学総合研究所); 酒井 康弘 (東邦大学); 稲垣 昌代 (近畿大学)

掲載日/会議開催日: 2013-06-24

文献複写申込へ
5
口頭発表口頭発表

蛍光X線分析による体表面重金属汚染分析法の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第46回研究発表会 [46th Annual Meeting of the Japan Health Physics Society])

情報提供機関/著者: 柳原 孝太; 吉井 裕; 今関 ; 鈴木 敏和; 栗原 治; 田嶋 克史; 杉浦 紳之 ((独)放射線医学総合研究所); 酒井 康弘 (東邦大学)

掲載日/会議開催日: 2013-06-24

文献複写申込へ