戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
レポートレポート

走行サーベイシステムKURAMA-IIを用いた測定の基盤整備と実測への適用

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2013-037)

情報提供機関: JAEA

著者: 津田 修一; 吉田 忠義; 中原 由紀夫; 佐藤 哲朗; 関 暁之; 松田 規宏; 安藤 真樹; 武宮 博; 谷垣 実; 高宮 幸一; 佐藤 信浩; 奥村 良; 小林 康浩; 吉永 尚生; 吉野 泰史; 内堀 幸夫; 石川 剛弘; 岩岡 和輝; 斎藤 公明

掲載日/会議開催日: 2013-10

JOPSS
2
口頭発表口頭発表

緊急時放射線防護ネットワーク構築の検討状況

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第53回研究発表会[53th Annual Meeting of Japan Health Physics Society])

著者: 百瀬 琢麿(日本原子力研究開発機構); 早川 剛(日本原子力研究開発機構); 高田 千恵(日本原子力研究開発機構); 中野 政尚(日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2020-06-30

文献複写申込へ
3
口頭発表口頭発表

福島における放射性物質の分布状況調査 1 - 空間線量率と土壌沈着量の5年間の経時変化のまとめ

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2017年秋の大会[2017 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 斎藤 公明(日本原子力研究開発機構); 安藤 真樹(日本原子力研究開発機構); 松田 規宏(日本原子力研究開発機構); 津田 修一(日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(日本原子力研究開発機構); 三上 智(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2017-09-13

外部 ウェブページへ
4
口頭発表口頭発表

異なる形状をもつシンチレーション検出器から得られた環境中の線量率測定データの相互比較 - 2 - シミュレーション計算

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会[50th Annual Meeting of Japan Health Physics Society/1Japanese Society of Radiation Safety Management 17th Annual Meeting])

著者: 津田 修一(日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(日本原子力研究開発機構); 谷垣 実(kyoto Univ.); 奥村 良(kyoto Univ.); 齋藤 公明(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2017-06-28

文献複写申込へ
5
口頭発表口頭発表

福島における放射性物質の分布状況調査と関連研究 1 - 80km圏内における空間線量率と土壌沈着量の経時変化のまとめ

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2016年秋の大会 [2016 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 斎藤 公明(日本原子力研究開発機構); 三上 智(日本原子力研究開発機構); 安藤 真樹(日本原子力研究開発機構); 松田 規宏(日本原子力研究開発機構); 津田 修一(日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(日本原子力研究開発機構); 吉村 和也(日本原子力研究開発機構); 佐藤 哲朗((株)日立ソリューションズ東日本); 菅野 隆(日本原子力研究開発機構); 山本 英明(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2016-09-09

外部 ウェブページへ
6
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (4) - KURAMA-IIの検出器系の改良

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年秋の大会[2015 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 谷垣 実(京都大学・原子炉実験所); 奥村 良(京都大学・原子炉実験所); 佐藤 信浩(京都大学・原子炉実験所); 小林 康浩(京都大学・原子炉実験所); 高橋 知之(京都大学・原子炉実験所); 吉田 忠義(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 津田 修一(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 斎藤 公明(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-09-09

文献複写申込へ
7
口頭発表口頭発表

除染等作業に従事した労働者の作業服等の放射性表面汚染に関する研究

(上位階層ページタイトル/会議名: 第4回環境放射能除染研究発表会[4th Workshop of Remediation of Radioactive Contamination in Environment])

著者: 辻村 憲雄(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 星 勝也(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-07-08

文献複写申込へ
8
口頭発表口頭発表

除染等作業における体表面汚染に関する研究 (1) - 靴底への土壌付着量の評価

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 星 勝也(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 辻村 憲雄(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
9
口頭発表口頭発表

除染等作業における体表面汚染に関する研究 (2) - 労働者の作業服等の放射能測定

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 辻村 憲雄(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 星 勝也(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
10
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (7) - 散乱ガンマ線場におけるKURAMA-IIの線量率直線性向上の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2014年秋の大会 [2014 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 吉田 忠義 (日本原子力研究開発機構); 津田 修一 (日本原子力研究開発機構); 斎藤 公明 (日本原子力研究開発機構); 谷垣 実 (京都大学・原子炉実験所)

掲載日/会議開催日: 2014-09-08

文献複写申込へ
11
口頭発表口頭発表

除染等作業における被服への土壌の付着量に基づく放射性表面汚染密度の評価

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2014年秋の大会 [2014 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 辻村 憲雄 (日本原子力研究開発機構); 吉田 忠義 (日本原子力研究開発機構); 星 勝也 (日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2014-09-08

文献複写申込へ
12
口頭発表口頭発表

広い照射野をもつ屋外ガンマ線照射場の構築

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第47回研究発表会 [47th Annual Meeting of Japan Health Physics Society])

著者: 吉田 忠義 (日本原子力研究開発機構); 星 勝也 (日本原子力研究開発機構); 辻村 憲雄 (日本原子力研究開発機構); 土子 泰弘 ((株)E&Eテクノサービス); 須藤 雄大 ((株)E&Eテクノサービス)

掲載日/会議開催日: 2014-06-19

文献複写申込へ
13
口頭発表口頭発表

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 (4) - 自動車に搭載したKURAMAシステムの方向特性

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2013年秋の大会 [2013 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 吉田 忠義; 津田 修一; 斎藤 公明 (日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2013-09-03

文献複写申込へ
14
口頭発表口頭発表

走行サーベイシステムKURAMAの開発と応用 (6) - KURAMA-II用測定器の運用上の課題

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2013年春の年会 [2013 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 津田 修一; 吉田 忠義; 中原 由紀夫; 斎藤 公明 (日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2013-03-26

文献複写申込へ