戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
口頭発表口頭発表

オフサイトにおける防災業務関係者の線量評価モデルの検討 2 - 線量評価モデルの構築と適応性の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2017年秋の大会[2017 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 嶋田 和真(日本原子力研究開発機構); 佐々木 利久(日本原子力研究開発機構); 木村 仁宣(日本原子力研究開発機構); 宗像 雅広(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2017-09-13

外部 ウェブページへ
2
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故後における放射線防護上の教訓に関する専門研究会報告

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第50回研究発表会/日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会[50th Annual Meeting of Japan Health Physics Society/1Japanese Society of Radiation Safety Management 17th Annual Meeting])

情報提供機関/著者: 小佐古 敏荘(東京大学); 谷 幸太郎(放射線医学総合研究所); 荻野 晴之((一財)電力中央研究所); 飯田 孝夫(名古屋大学); 服部 隆利((一財)電力中央研究所); 占部 逸正(福山大学); 小田 啓二(神戸大学); 近江 正(日本原子力発電(株)); 古田 定昭((株)ペスコ); 村上 博之((公財)放射線計測協会); 笠井 篤((株)環境技術センター); 竹安 正則(日本原子力研究開発機構); 川島 恒憲((株)東芝); 嶋田 和真(日本原子力研究開発機構); 橋本 周(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2017-06-30

文献複写申込へ
3
口頭発表口頭発表

オフサイトにおける防災業務関係者の線量評価モデルの検討 1 - 福島第一原子力発電所事故時の防災業務関係者の活動内容と被ばくに寄与する核種の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2016年秋の大会 [2016 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 嶋田 和真(日本原子力研究開発機構); 廣内 淳(日本原子力研究開発機構); 木村 仁(日本原子力研究開発機構); 宗像 雅広(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2016-09-07

文献複写申込へ
4
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故時の公衆の線量再構築における実効的な沈着速度

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2014年春の年会 [2014 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 飯島 正史 (日本原子力研究開発機構); 高原 省五 (日本原子力研究開発機構); 嶋田 和真 (日本原子力研究開発機構); 本間 俊充 (日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2014-03-26

文献複写申込へ
5
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故により放出されたヨウ素131化学形存在割合の推定

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第46回研究発表会 [46th Annual Meeting of the Japan Health Physics Society])

情報提供機関/著者: 嶋田 和真; 木村 仁宣; 高原 省五; 飯島 正史; 永瀬 文久; 本間 俊充 (日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2013-06-24

文献複写申込へ