戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
レポートレポート

レーザー誘起ブレークダウン発光分光法によるプルトニウムスペクトルの測定; 高分解能分光スペクトル(350-670nm)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2020-001)

情報提供機関: JAEA

著者: 赤岡 克昭; 大場 正規; 宮部 昌文; 音部 治幹; 若井田 育夫

掲載日/会議開催日: 2020-03

JOPSS
2
レポートレポート

レーザー誘起ブレークダウン発光分光法によるウランスペクトルの測定; 高分解能分光スペクトル(470-670nm)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2016-005)

情報提供機関: JAEA

著者: 赤岡 克昭; 大場 正規; 宮部 昌文; 音部 治幹; 若井田 育夫

掲載日/会議開催日: 2016-05

JOPSS
3
レポートレポート

レーザー誘起ブレークダウン発光分光法によるウランスペクトルの測定; 高分解能分光スペクトル(350-470nm)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2015-012)

情報提供機関: JAEA

著者: 赤岡 克昭; 大場 正規; 宮部 昌文; 音部 治幹; 若井田 育夫

掲載日/会議開催日: 2015-10

JOPSS
4
レポートレポート

福島技術開発試験部年報; 平成24年度

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Review 2013-047)

情報提供機関: JAEA

著者: 福島技術開発試験部

掲載日/会議開催日: 2014-02

JOPSS
5
プログレスレポートプログレスレポート

(別添2) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2020年2~3月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質の調査結果(2020年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2020-12-24

保存されたウェブページへ
6
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性物質の調査結果(2020年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2020-12-24

保存されたウェブページへ
7
プログレスレポートプログレスレポート

(別添2) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2019年9~10月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質の調査結果(2019年9~10月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2020-06-26

保存されたウェブページへ
8
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性物質の調査結果(2019年9~10月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2020-06-26

保存されたウェブページへ
9
口頭発表口頭発表

福島県のため池堆積物と周辺土壌におけるネプツニウムとプルトニウム

(上位階層ページタイトル/会議名: 第21回「環境放射能」研究会 [21st Workshop on Environmental Radioactivity])

著者: 福田 美保(量子科学技術研究開発機構); 鄭 建(量子科学技術研究開発機構); 山崎 慎之介(量子科学技術研究開発機構); 青野 辰雄(量子科学技術研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2020-03-12

外部 ウェブページへ
10
プログレスレポートプログレスレポート

(別添2) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2019年2~3月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質の調査結果(2019年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2019-12-13

保存されたウェブページへ
11
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性物質の調査結果(2019年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの0.1%程度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2019-12-13

保存されたウェブページへ
12
プログレスレポートプログレスレポート

(別添2) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2018年9~10月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質の調査結果(2018年9~10月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの1%以下)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2019-06-21

保存されたウェブページへ
13
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性物質の調査結果(2018年9~10月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの1%以下

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2019-06-21

保存されたウェブページへ
14
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故後の河床堆積物中のネプツニウムとプルトニウムについて

(上位階層ページタイトル/会議名: 第20回「環境放射能」研究会 [20th Workshop on Environmental Radioactivity])

著者: 福田 美保(量子科学技術研究開発機構); 鄭 建(量子科学技術研究開発機構); 山崎 慎之介(量子科学技術研究開発機構); 青野 辰雄(量子科学技術研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2019-03-14

外部 ウェブページへ
15
プログレスレポートプログレスレポート

(別添2) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2018年9~10月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質の調査結果(2018年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの1%以下)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2018-12-21

保存されたウェブページへ
16
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性物質の調査結果(2018年2~3月調査分) - 放射線量は基準値の設定根拠である年間線量1ミリシーベルトの1%以下

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2018-12-21

保存されたウェブページへ
17
データデータ

福島第一原子力発電所 サブドレンのPu分析結果 [2018年12月07日]

(上位階層ページタイトル/会議名: 福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果 (2018年12月))

情報提供機関: 東京電力

掲載日/会議開催日: 2018-12-07

保存されたウェブページへ
18
プログレスレポートプログレスレポート

(別添) 食品中の放射性物質の調査結果 - 2017年9~10月に採取した試料の放射性ストロンチウム及びプルトニウム濃度

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの調査結果(2017年9~10月調査分) - 調査対象となる放射性セシウム濃度が一定以上の試料はありませんでした)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2018-10-24

保存されたウェブページへ
19
お知らせ記事お知らせ記事

食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの調査結果(2017年9~10月調査分) - 調査対象となる放射性セシウム濃度が一定以上の試料はありませんでした

(上位階層ページタイトル/会議名: 食品中の放射性物質への対応 - さらに詳しい情報)

情報提供機関: 厚生労働省

掲載日/会議開催日: 2018-10-24

保存されたウェブページへ
20
口頭発表口頭発表

燃料デブリ中のプルトニウムとガドリニウムの化学形態

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2018年秋の大会[2018 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 渡部 志保(大阪大学); 石井 大翔(大阪大学); 大石 佑治(大阪大学); 牟田 浩明(大阪大学); 黒崎 健(大阪大学)(福井大学)(JSTさきがけ)

掲載日/会議開催日: 2018-09-05

外部 ウェブページへ