戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
レポートレポート

令和元年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2020-019)

情報提供機関: JAEA

著者: 普天間 章; 眞田 幸尚; 川崎 義晴; 岩井 毅行; 平賀 祥吾; 佐藤 一彦; 萩野谷 仁; 松永 祐樹; 菊池 陽; 石崎 梓; 廣内 淳; 平岡 大和; 卜部 嘉; 工藤 保

掲載日/会議開催日: 2021-02

JOPSS
2
レポートレポート

平成31年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2020-014)

情報提供機関: JAEA

著者: 福島マップ事業対応部門横断グループ

掲載日/会議開催日: 2020-12

JOPSS
3
レポートレポート

平成30年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2019-019)

情報提供機関: JAEA

著者: 福島マップ事業対応部門横断グループ

掲載日/会議開催日: 2020-03

JOPSS
4
レポートレポート

特定復興再生拠点区域におけるモニタリング及び被ばく評価手法の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2018-016)

情報提供機関: JAEA

著者: 舟木 泰智; 高原 省五; 佐々木 美雪; 吉村 和也; 中間 茂雄; 眞田 幸尚

掲載日/会議開催日: 2019-03

JOPSS
5
レポートレポート

原子力発電所事故後の無人ヘリコプターを用いた放射線測定

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2013-049)

情報提供機関: JAEA

著者: 眞田 幸尚; 西澤 幸康; 山田 勉; 池田 和隆; 松井 雅士; 土田 清文; 佐藤 義治; 平山 弘克; 高村 善英; 西原 克哉; 伊村 光生; 石田 睦司; 卜部 嘉; 志風 義明; 杉田 武志; 近藤 敦哉; 鳥居 建男

掲載日/会議開催日: 2014-03

JOPSS
6
レポートレポート

令和2年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2021-020)

情報提供機関: JAEA

著者: 普天間 章; 眞田 幸尚; 佐々木 美雪; 川崎 義晴; 岩井 毅行; 平賀 祥吾; 佐藤 一彦; 萩野谷 仁; 松永 祐樹; 菊池 陽; 卜部 嘉; 工藤 保

掲載日/会議開催日: 2021-11

JOPSS
7
レポートレポート

令和2年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2021-025)

情報提供機関: JAEA

著者: 福島マップ事業対応部門横断グループ

掲載日/会議開催日: 2022-01

JOPSS
8
レポートレポート

令和2年度原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Technology 2021-029)

情報提供機関: JAEA

著者: 普天間 章; 眞田 幸尚; 石崎 梓; 川崎 義晴; 岩井 毅行; 平賀 祥吾; 佐藤 一彦; 萩野谷 仁; 松永 祐樹; 菊池 陽; 嶋田 和真; 外間 智規; 平岡 大和; 卜部 嘉; 外川 織彦; 安藤 真樹; 工藤 保

掲載日/会議開催日: 2022-02

JOPSS
9
口頭発表口頭発表

学生・若手研究者たちが考える保健物理・環境科学研究 3 - 有人ヘリコプターを用いたモニタリングについて

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2019年春の年会[2019 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 普天間 章(日本原子力研究開発機構); 工藤 保(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2019-03-20

外部 ウェブページへ
10
プレゼンテーションプレゼンテーション

放射線計測; 無人ヘリコプターを用いた放射線マップの作成

(上位階層ページタイトル/会議名: 研究開発技術の紹介)

情報提供機関: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2019-01-20

保存されたウェブページへ
11
口頭発表口頭発表

上空からの放射線測定技術の高度化 1 - LaBr3(Ce)検出器を搭載した無人ヘリコプターによる土壌中放射性セシウムの分布推定を目的とした遠隔放射線測定

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2018年秋の大会[2018 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 越智 康太郎(日本原子力研究開発機構); Malins, Alex(日本原子力研究開発機構); 石田 睦司((株)NESI); 山田 勉(日本放射線エンジニアリング(株)); 中曽根 孝政(日本放射線エンジニアリング(株)); 眞田 幸尚(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2018-09-05

外部 ウェブページへ
12
口頭発表口頭発表

上空からの放射線測定技術の高度化 2 - 無人ヘリコプターを用いた土壌中放射性セシウムの深度分布の推定

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2017年秋の大会[2017 Fall Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 越智 康太郎(日本原子力研究開発機構); 佐々木 美雪(日本原子力研究開発機構); 石田 睦司((株)NESI); 眞田 幸尚(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2017-09-13

外部 ウェブページへ
13
お知らせ記事お知らせ記事

上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功

(上位階層ページタイトル/会議名: 環境回復に向けた取り組み)

情報提供機関: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2016-09-05

保存されたウェブページへ
14
お知らせ記事お知らせ記事

上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功; 無人ヘリに搭載して上空から放射性セシウムの分布を可視化

(上位階層ページタイトル/会議名: 上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功)

情報提供機関: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2016-09-05

保存されたウェブページへ
15
お知らせ記事お知らせ記事

上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功; 無人ヘリに搭載して上空から放射性セシウムの分布を可視化(補足説明資料)

(上位階層ページタイトル/会議名: 上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功)

情報提供機関: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2016-09-05

保存されたウェブページへ
16
口頭発表口頭発表

無人ヘリ及びML-EM法を用いた放射能汚染分布可視化技術の基礎研究

(上位階層ページタイトル/会議名: 第5回環境放射能除染研究発表会 [5th Workshop of Remediation of Radioactive Contamination in Environment])

著者: 松山 哲生(東北大学); 石井 慶造(東北大学); 松山 成男(東北大学); 寺川 貴樹(東北大学); 田久 創大(東北大学); 新井 宏受(東北大学); 荒井 宏(東北大学); 大沼 透(東北大学); 山口 敏朗(東北大学); 佐藤 光義(東北大学); 眞田 幸尚(日本原子力研究開発機構); 西澤 幸康(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2016-07-06

fulltext文献複写申込へ
17
データデータ

福島県及びその近隣県における航空機モニタリング[2014年09月12日~2015年11月04日;測定] (CSV)

(上位階層ページタイトル/会議名: 航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果)

情報提供機関: 原子力規制委員会

掲載日/会議開催日: 2016-02-02

保存されたウェブページへ
18
データセットデータセット

福島県及びその近隣県における航空機モニタリング[2014年09月12日~2015年11月04日] (KMZ)

(上位階層ページタイトル/会議名: 航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果)

情報提供機関: 原子力規制委員会

掲載日/会議開催日: 2016-02-02

保存されたウェブページへ
19
データデータ

福島県及びその近隣県における航空機モニタリング[2014年09月12日~2015年11月04日;測定]

(上位階層ページタイトル/会議名: 航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果)

情報提供機関: 原子力規制委員会

掲載日/会議開催日: 2016-02-02

保存されたウェブページへ
20
口頭発表口頭発表

エアボーンモニタリング手法の現状と課題 (3) - 無人ヘリコプターにより測定された福島第一原子力発電所周辺における沈着放射能のCs-134/Cs-137比の分布

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年秋の大会[2015 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 西澤 幸康(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門); 吉田 真美(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門); 眞田 幸尚(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門); 鳥居 建男(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)

掲載日/会議開催日: 2015-09-09

文献複写申込へ