戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
口頭発表口頭発表

福島における放射性物質分布調査 (9)- 福島第一原発事故後6年間にわたる森林内での周辺線量当量率の経時変化解析

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2019年秋の大会[2019 Fall Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: Malins, Alex(日本原子力研究開発機構); 今村 直広(森林研究・整備機構); 新里 忠史(日本原子力研究開発機構); Kim, Minsik(日本原子力研究開発機構); 佐久間 一幸(日本原子力研究開発機構); 篠宮 佳樹(森林研究・整備機構); 三浦 覚(森林研究・整備機構); 町田 昌彦(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2019-09-11

文献複写申込へ
2
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故後の周辺線量当量率 - 長期予測とその半減期プロファイル

(上位階層ページタイトル/会議名: 第8回環境放射能除染研究発表会[The 8th Workshop of Remediation of Radioactive Contamination in Environment])

情報提供機関/著者: 豊田 亘博(豊田放射線研究所); 加藤 和明(洗練課題研究所); 熊澤 蕃(元日本原子力研究所)

掲載日/会議開催日: 2019-07-10

fulltext文献複写申込へ
3
口頭発表口頭発表

福島第一原子力発電所事故後の周辺線量当量率長期予測とその半減期プロファイル

(上位階層ページタイトル/会議名: 第56回アイソトープ・放射線研究発表会[56th Annual Meeting on Radioisotope and Radiation Research])

情報提供機関/著者: 加藤 和明(洗練課題研究所); 豊田 亘博((株)豊田放射線研究所); 熊澤 蕃(元日本原子力研究所)

掲載日/会議開催日: 2019-07-03

fulltext文献複写申込へ
4
その他その他

線量当量:実効線量を導く、測定可能な実用量

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2017-03-31

保存されたウェブページへ
5
その他その他

線量当量:実効線量を導く、測定可能な実用量

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2017-03-31

保存されたウェブページへ
6
お知らせ記事お知らせ記事

QA2-22 実効線量、周辺線量当量、空気吸収線量とは、どういうものですかまたそれらの値と個人線量計の数値とは、どのような関係がありますか

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2017-03-31

保存されたウェブページへ
7
その他その他

実効線量と線量当量の値の違い

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2017-03-31

保存されたウェブページへ
8
その他その他

実効線量と線量当量の値の違い

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2017-03-31

保存されたウェブページへ
9
口頭発表口頭発表

土壌に分布した放射性セシウムによる外部被ばくに対する個人線量当量のシミュレーション研究

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2016年秋の大会 [2016 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 佐藤 大樹(日本原子力研究開発機構); 古田 琢哉(日本原子力研究開発機構); 高橋 史明(日本原子力研究開発機構); Lee, Choonsik(米国国立癌研究所); Bolch, Wesley(フロリダ大学)

掲載日/会議開催日: 2016-09-07

文献複写申込へ
10
口頭発表口頭発表

不均一な放射性物質を有する除去土壌収集運搬容器に関する放射線場シミュレーション

(上位階層ページタイトル/会議名: 第5回環境放射能除染研究発表会 [5th Workshop of Remediation of Radioactive Contamination in Environment])

情報提供機関/著者: 手塚 英昭(東京電力ホールディングス); 武藤 昭一(東京電力ホールディングス)

掲載日/会議開催日: 2016-07-06

fulltext文献複写申込へ
11
プレゼンテーションプレゼンテーション

環境中核種に対する公衆の線量評価用データの整備 (ポスターセッション) (日本原子力研究開発機構からの発表)

(上位階層ページタイトル/会議名: 研究成果報告会; ふくしまの環境回復に係るこれまでの取組)

情報提供機関/著者: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2015-11-09

保存されたウェブページへ
12
プレゼンテーションプレゼンテーション

除染等作業における作業環境の線量率・土壌中放射能濃度と労働者の身体汚染の関係に関する研究 (ポスターセッション) (日本原子力研究開発機構からの発表)

(上位階層ページタイトル/会議名: 研究成果報告会; ふくしまの環境回復に係るこれまでの取組)

情報提供機関/著者: 日本原子力研究開発機構

掲載日/会議開催日: 2015-11-09

保存されたウェブページへ
13
口頭発表口頭発表

毎日測定で観察された空間線量率の低減傾向における季節変化

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年秋の大会[2015 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 吉田 浩子(東北大学); 金上 孝(東北大学); 斎藤 公明(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 佐藤 哲朗(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 三上 智(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 菅野 隆(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 高橋 純子(筑波大学); 脇山 義史(福島大学・IER)

掲載日/会議開催日: 2015-09-09

文献複写申込へ
14
口頭発表口頭発表

生活環境中における継続的個人線量当量の測定

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本保健物理学会第48回研究発表会[48th Annual Meeting of Japan Health Physics Society])

情報提供機関/著者: 清堂 峰明(広島がん高精度放射線治療センター); 森本 芳美(広島県立広島病院)

掲載日/会議開催日: 2015-07-02

文献複写申込へ
15
プレゼンテーションプレゼンテーション

実効線量と線量当量

(上位階層ページタイトル/会議名: 第1章 放射線の基礎知識と健康影響 説明資料)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2015-03-31

保存されたウェブページへ
16
プレゼンテーションプレゼンテーション

実効線量と線量当量(スライドのみ)

(上位階層ページタイトル/会議名: 第1章 放射線の基礎知識と健康影響 説明資料)

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2015-03-31

保存されたウェブページへ
17
プレゼンテーションプレゼンテーション

実効線量と線量当量

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく 説明資料(平成27年度版))

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2015-03-31

保存されたウェブページへ
18
プレゼンテーションプレゼンテーション

実効線量と線量当量(スライドのみ)

(上位階層ページタイトル/会議名: 第2章 放射線による被ばく 説明資料(平成27年度版))

情報提供機関/著者: 環境省

掲載日/会議開催日: 2015-03-31

保存されたウェブページへ
19
口頭発表口頭発表

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に係る個人線量の特性に関する調査 - 年齢別人体形状ファントムに設置した個人線量計の応答と周辺線量当量との関係

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 金 ウンジュ((研)放射線医学総合研究所); 矢島 千秋((研)放射線医学総合研究所); 大町 康((研)放射線医学総合研究所); 谷 幸太郎((研)放射線医学総合研究所); 栗原 治((研)放射線医学総合研究所); 吉田 聡((研)放射線医学総合研究所); 酒井 一夫((研)放射線医学総合研究所); 小島 尚美(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 高田 千恵(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 百瀬 琢磨(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
20
口頭発表口頭発表

避難指示区域内木造住家の低減係数と除染後の変化

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

情報提供機関/著者: 吉田 浩子(東北大学); 金上 孝(東北大学); 細田 正洋(弘前大学); 内藤 豊((株)日本環境調査研究所); 亀山 水城((株)日本環境調査研究所)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ