戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
レポートレポート

超伝導転移端マイクロカロリメータによる燃料デブリの核種分析に係る研究; 高分解能測定実験及びシミュレーション計算(共同研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2013-043)

情報提供機関: JAEA

著者: 高崎 浩司; 安宗 貴志; 大西 貴士; 中村 圭佑; 石見 明洋; 伊藤 主税; 逢坂 正彦; 大野 雅史; 畠山 修一; 高橋 浩之; 前畑 京介; 前田 亮; Damayanthi, R. M. T.; 杉田 武志

掲載日/会議開催日: 2014-01

JOPSS
2
口頭発表口頭発表

水中ロボット「ラドほたる」開発 1 - 全体計画

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2019年春の年会[2019 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 鈴木 茂和(福島工業高等専門学校); 川妻 伸二(福島工業高等専門学校); 青木 英二(福島工業高等専門学校); 高橋 正則(福島工業高等専門学校); 渡邉 光貴((株)タカワ精密); 中野 修三((株)東日本計算センター); 坂本 秀樹(アルパイン(株))

掲載日/会議開催日: 2019-03-22

外部 ウェブページへ
3
口頭発表口頭発表

水中ロボット「ラドほたる」開発 2 - 放射線性試験

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2019年春の年会[2019 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 川妻 伸二(福島工業高等専門学校); 鈴木 茂和(福島工業高等専門学校); 青木 英二(福島工業高等専門学校); 高橋 正則(福島工業高等専門学校); 渡邉 光貴((株)タカワ精密); 中野 修三((株)東日本計算センター); 坂本 秀樹(アルパイン(株))

掲載日/会議開催日: 2019-03-22

外部 ウェブページへ
4
口頭発表口頭発表

高速中性子直接問いかけ法の燃料デブリへの適用性検討 (1) - 短期計画とパラメータ解析の中間報告

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 呉田 昌俊(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 前田 亮(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 大図 章(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 古高 和禎(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 飛田 浩(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 春山 滿夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 米田 政夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 服部 健太朗(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
5
口頭発表口頭発表

高速中性子直接問いかけ法の燃料デブリへの適用性検討 (2) - 非破壊測定装置の基本設計

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2015年春の年会[2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: 前田 亮(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 古高 和禎(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 呉田 昌俊(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 大図 章(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 飛田 浩(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 春山 滿夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 米田 政夫(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構); 服部 健太朗(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2015-03-20

文献複写申込へ
6
お知らせ記事お知らせ記事

Promulgation and enforcement of the ordinance for partial revision of the ordinance on accounting at electricity utilities and other provisions (March 13, 2015)

(上位階層ページタイトル/会議名: Mid-and-long-term roadmap towards the decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Units 1-4, TEPCO)

情報提供機関: 経済産業省

掲載日/会議開催日: 2015-03-13

保存されたウェブページへ
7
口頭発表口頭発表

福島の溶融燃料のための現実的なコンテナシナリオの伝送核共鳴蛍光実証実験

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2014年秋の大会 [2014 Fall Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan])

著者: Angell Christopher (日本原子力研究開発機構); 早川 岳人 (日本原子力研究開発機構); 静間 俊行 (日本原子力研究開発機構); 羽島 良一 (日本原子力研究開発機構); Karwowski Hugon (ノースカロライナ大学・チャペルヒル校); Silano Jack (ノースカロライナ大学・チャペルヒル校)

掲載日/会議開催日: 2014-09-08

文献複写申込へ