戻る

検索結果一覧

    
No. 種別 タイトル
1
レポートレポート

燃料デブリ分析のための超微量分析技術の開発(委託研究); 令和4年度英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Review 2023-025)

情報提供機関: JAEA

著者: 廃炉環境国際共同研究センター; 東北大学

掲載日/会議開催日: 2024-03

JOPSS
2
レポートレポート

燃料デブリ取り出し時における炉内状況把握のための遠隔技術に関する研究人材育成(委託研究); 令和4年度英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Review 2023-023)

情報提供機関: JAEA

著者: 廃炉環境国際共同研究センター; 東京大学

掲載日/会議開催日: 2024-03

JOPSS
3
レポートレポート

令和3年度福島第一原子力発電所の炉内付着物サンプル等の分析; 令和3年度開始廃炉・汚染水対策事業費補助金に係る補助事業(燃料デブリの性状把握のための分析・推定技術の開発)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Data/Code 2023-005)

情報提供機関: JAEA

著者: 池内 宏知; 佐々木 新治; 大西 貴士; 仲吉 彬; 荒井 陽一; 佐藤 拓未; 多木 寛; 関尾 佳弘; 山口 祐加子; 森下 一喜; 前田 宏治

掲載日/会議開催日: 2023-12

JOPSS
4
レポートレポート

beta、gamma、X線同時解析による迅速・高感度放射性核種分析法の開発(委託研究); 令和4年度英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Review 2023-022)

情報提供機関: JAEA

著者: 廃炉環境国際共同研究センター; 日本分析センター

掲載日/会議開催日: 2023-12

JOPSS
5
レポートレポート

コールドクルーシブル誘導加熱法を用いた炉心酸化物溶融物中の成分偏析に関する研究(共同研究)

(上位階層ページタイトル/会議名: JAEA-Research 2023-007)

情報提供機関: JAEA

著者: 須藤 彩子; M\'esz\'aros, B.; 佐藤 拓未; 永江 勇二

掲載日/会議開催日: 2023-11

JOPSS
6
口頭発表口頭発表

燃料デブリ難分析核種インベントリ評価に向けた理論的スケーリングファクタ法の開発

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 坂本 雅洋(日本原子力研究開発機構)(北海道大学); 奥村 啓介(日本原子力研究開発機構); 金子 純一(北海道大学)(日本原子力研究開発機構); 溝上 暢人(東京電力ホールディングス(株)); 溝上 伸也(東京電力ホールディングス(株))

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
7
口頭発表口頭発表

燃料デブリ粒子の大きさが臨界挙動に与える影響を熱移動の観点から調査する動特性解析

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 福田 航大(日本原子力研究開発機構); 山根 祐一(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
8
口頭発表口頭発表

燃料デブリの臨界特性を明らかにする定常臨界実験装置STACY更新炉の整備 9 - 初臨界及び燃料デブリの挙動を模擬する実験炉心の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 郡司 智(日本原子力研究開発機構); 荒木 祥平(日本原子力研究開発機構); 吉川 智輝(日本原子力研究開発機構); 井澤 一彦(日本原子力研究開発機構); 須山 賢也(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
9
口頭発表口頭発表

燃料デブリの臨界特性を明らかにする定常臨界実験装置STACY更新炉の整備 10 - デブリ構造材模擬体を用いた炉心の臨界解析及び炉心構成範囲の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 吉川 智輝(日本原子力研究開発機構); 荒木 祥平(日本原子力研究開発機構); 新垣 優(日本原子力研究開発機構); 井澤 一彦(日本原子力研究開発機構); 郡司 智(日本原子力研究開発機構); 須山 賢也(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
10
口頭発表口頭発表

非接触測定法を用いた燃料デブリ臨界解析技術の高度化 3 - 燃料デブリ弱結合炉体系臨界影響解析手法の高度化

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 竹澤 宏樹(長岡技術科学大学); 小原 徹(東京工業大学)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
11
口頭発表口頭発表

燃料デブリ水中落下時の臨界解析高速化

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 三浦 拓也(東京工業大学); 西山 潤(東京工業大学); 小原 徹(東京工業大学)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
12
口頭発表口頭発表

燃料デブリの臨界特性を明らかにする定常臨界実験装置STACY更新炉の整備 11 - コンクリート構造材模擬体を用いた実験の検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 荒木 祥平(日本原子力研究開発機構); 郡司 智(日本原子力研究開発機構); 新垣 優(日本原子力研究開発機構); 吉川 智輝(日本原子力研究開発機構); 井澤 一彦(日本原子力研究開発機構); 須山 賢也(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
13
口頭発表口頭発表

Study on the criticality monitoring method by measurements of short-half-life noble-gas fission products for the criticality monitoring of fuel debris inside a primary containment vessel of Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: Riyana, Eka Sapta(日本原子力研究開発機構); 坂本 雅洋(日本原子力研究開発機構); 松村 太伊知(日本原子力研究開発機構); 寺島 顕一(日本原子力研究開発機構); 奥村 啓介(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-15

外部 ウェブページへ
14
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 1 - 燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況の概要

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 中野 純一(原子力損害賠償・廃炉等支援機構); 加藤 和之(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
15
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 3 - 燃料デブリの分析精度向上と国際共同プロジェクトの状況

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 小山 真一(日本原子力研究開発機構); 池内 宏知(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
16
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 4 - 燃料デブリの経年変化特性の推定状況

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 鈴木 晶大(日本核燃料開発(株)); 三浦 祐典(日本核燃料開発(株)); 川野 昌平(東芝エネルギーシステムズ(株)); 藤田 敏之(東芝エネルギーシステムズ(株)); 浦田 英浩(東芝エネルギーシステムズ(株))

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
17
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 5 - 燃料デブリと放射性廃棄物の仕分けのための非破壊計測技術の開発状況

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 鎌田 正輝(技術研究組合国際廃炉研究開発機構)(三菱重工業(株)); 吉田 拓真(技術研究組合国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株)); 栗原 賢二(技術研究組合国際廃炉研究開発機構)(東芝エネルギーシステムズ(株)); 奥村 啓介(技術研究組合国際廃炉研究開発機構)(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
18
口頭発表口頭発表

空冷時における燃料デブリ熱挙動推定技術の開発 4 - 多孔体有効熱伝導率モデルの検討

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 上澤 伸一郎(日本原子力研究開発機構); 山下 晋(日本原子力研究開発機構); 柴田 光彦(日本原子力研究開発機構); 吉田 啓之(日本原子力研究開発機構)

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
19
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 - 総合討論

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 加藤 和之(原子力損害賠償・廃炉等支援機構); 講演者全員

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ
20
口頭発表口頭発表

燃料デブリ性状把握・推定技術の開発状況と今後の課題 2 - 事故調査中長期計画と採取サンプルの分析状況

(上位階層ページタイトル/会議名: 日本原子力学会2023年春の年会[2023 Annual Meeting of Atomic Energy Society of Japan])

著者: 溝上 伸也(東京電力ホールディングス(株)); 溝上 暢人(東京電力ホールディングス(株))

掲載日/会議開催日: 2023-03-14

外部 ウェブページへ