閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル事故由来放射性物質の環境動態を考慮したコンパートメントモデルの開発および試解析
翻訳タイトルDevelopment and trial analysis of compartment models in consideration of the environmental dynamics of radioactive substances derived from the accident
著者操上 広志(日本原子力研究開発機構)
著者新里 忠史(日本原子力研究開発機構)
著者鶴田 忠彦(日本原子力研究開発機構)
著者加藤 智子(日本原子力研究開発機構)
著者北村 哲浩(日本原子力研究開発機構)
著者菅野 光大(V.I.C.)
著者黒澤 直弘(V.I.C.)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 64
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
内容ポスターセッション1:「陸域海域の汚染・野生生物・食の安全」, 放射性核種移動, 区画, 数理モデル, 森林, , , 流域, 樹木, 植物茎, 森林堆積有機物, 析出, セシウム 137, 転座
情報源文献複写申込へ関連URLフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109481
WARP保存日2016-11-30