閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 13
タイトルアンフォールディング法を適用するin-situ測定向け応答関数の検討
翻訳タイトルA study of response-function for in-situ gamma-ray spectrometry with unfolding technique
著者東 哲史(三菱電機(株))
著者林 真照(三菱電機(株))
著者笹野 理(三菱電機(株))
著者田中 隆己(三菱電機(株))
著者西沢 博志(三菱電機(株))
著者中西 正一(三菱電機(株))
著者澤 良次(三菱電機(株))
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 2N07
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-1 放射線サーベイ機器
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容セッション: 2. 放射線工学と加速器・ビーム科学および医学利用
内容
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209962
WARP保存日2020-11-30