閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 137
タイトル燃料デブリの臨界管理技術の開発 (9) - 福島第一原子力発電所におけるFPガンマ線再臨界検知システムへの同時計数法導入効果の評価
翻訳タイトルCriticality control technique development for Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant fuel debris 9 - evaluation of performance of a radiation coincidence method for a recriticality detection system in Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station
著者岡田 耕一(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者田所 孝広(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者鳥谷部 祐(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者桑原 均(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株))
著者大山 勝義(東京電力(株))
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.399
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類5-5-11 核燃料物質計量管理
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   5-5 廃止措置   
内容セッション:「炉物理,核データの利用,臨界安全(臨界安全1)」, 臨界,放射線モニタリング, 福島第一原子力発電所, 同時計数法
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80591
WARP保存日2015-12-28